bear-snowの投資生活

投信ブロガーとオルカンの日々の闘いの記録を綴っていきます

投資信託分析(2022年1月実績) 勝者:eMAXIS Slim新興国株式インデックス

ランキングに参加しています。1日1回の応援クリックをよろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

bear-snowです。

いつも本ブログを閲覧して頂きありがとうございます!

保有中および比較対象の投資信託の分析結果をまとめておきます。

早速、対戦結果の発表です。

対戦結果
 勝者:-1.83% eMAXIS Slim新興国株式インデックス

投資信託分析でウォッチしている投資信託はすべてマイナスとなりましたが、一番マイナス幅の小さかった「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」が踏ん張り、月次の騰落率でTOPに立ちました。

[月次]騰落率ランキング(2022年1月実績)[基準価額ベース]
  1位 - 1.83% eMAXIS Slim新興国株式インデックス
  2位 - 3.57% ニッセイ・インデックスバランスF(4資産均等型)
  3位 - 4.01% ダブル・ブレイン
  4位 - 4.08% ベトナムロータス・ファンド(ロータス)
  5位 - 4.84% eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)
  6位 - 5.64% iFreeNEXT ATMX+
  7位 - 5.87% 新生・UTIインドファンド
  8位 - 6.23% eMAXIS Slim国内株式(日経平均)
  9位 - 7.12% eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
 10位 - 9.56% フィデリティ・欧州株・ファンド
 11位 -10.48% フィデリティ・日本成長株・ファンド
 12位 -11.68% ひふみプラス
 13位 -11.79% 情報エレクトロニクスファンド
 14位 -12.03% eMAXIS NASDAQ100インデックス
 15位 -12.59% iFreeNEXT FANG+インデックス
 16位 -12.62% AB・米国成長株投信B(為替ヘッジなし)
 17位 -13.06% スパークス・新・国際優良日本株ファンド(厳選投資)
 18位 -13.57% 投資実績(bear-snow)
 19位 -14.06% netWIN GSテクノロジー株式ファンドB(為替ヘッジなし)
 20位 -14.80% iFreeレバレッジS&P500
 21位 -14.97% iFreeActive EV
 22位 -15.67% eMAXIS Neo電気自動車
 23位 -18.31% iFreeActiveゲーム&eスポーツ
 24位 -18.70% DIAM新興市場日本株ファンド
 25位 -20.30% eMAXIS Neo自動運転
 26位 -21.49% 企業価値成長小型株ファンド(眼力)
 27位 -21.51% eMAXIS Neoバーチャルリアリティ
 28位 -22.14% eMAXIS Neoクリーンテック
 29位 -23.85% iFreeレバレッジNASDAQ100
 30位 -24.84% iFreeレバレッジFANG+

対象月の株式ファンドは大荒れとなり、月間で10%以上下落したファンドが6つもありました。個人的にはマイルールを遵守して追加買付を繰り返して仕込みはできたと思っているので、後は反発を待っているだけです。

[月次]騰落率ランキング(2022年1月)[損益ベース]
  1位 - 1.83% eMAXIS Slim新興国株式インデックス
  2位 - 3.57% ニッセイ・インデックスバランスF(4資産均等型)
  3位 - 4.01% ダブル・ブレイン
  4位 - 4.08% ベトナムロータス・ファンド(ロータス)
  5位 - 4.84% eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)
  6位 - 5.64% iFreeNEXT ATMX+
  7位 - 5.87% 新生・UTIインドファンド
  8位 - 6.23% eMAXIS Slim国内株式(日経平均)
  9位 - 7.12% eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
 10位 - 9.56% フィデリティ・欧州株・ファンド
 11位 -10.48% フィデリティ・日本成長株・ファンド
 12位 -11.68% ひふみプラス
 13位 -11.79% 情報エレクトロニクスファンド
 14位 -12.03% eMAXIS NASDAQ100インデックス
 15位 -12.59% iFreeNEXT FANG+インデックス
 16位 -12.62% AB・米国成長株投信B(為替ヘッジなし)
 17位 -13.06% スパークス・新・国際優良日本株ファンド(厳選投資)
 18位 -13.57% 投資実績(bear-snow)
 19位 -14.06% netWIN GSテクノロジー株式ファンドB(為替ヘッジなし)
 20位 -14.80% iFreeレバレッジS&P500
 21位 -14.97% iFreeActive EV
 22位 -15.67% eMAXIS Neo電気自動車
 23位 -18.31% iFreeActiveゲーム&eスポーツ
 24位 -18.70% DIAM新興市場日本株ファンド
 25位 -20.30% eMAXIS Neo自動運転
 26位 -21.49% 企業価値成長小型株ファンド(眼力)
 27位 -21.51% eMAXIS Neoバーチャルリアリティ
 28位 -22.14% eMAXIS Neoクリーンテック
 29位 -23.85% iFreeレバレッジNASDAQ100
 30位 -24.84% iFreeレバレッジFANG+

[eS新株] eMAXIS Slim新興国株式インデックス
[ニッセイ4資産] ニッセイ・インデックスバランスF(4資産均等型)
[ダブブレ] ダブル・ブレイン
[Vロータス] ベトナムロータス・ファンド(ロータス)
[eSTP] eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)

騰落率推移(2022年1月)[損益ベース]【TOP5と個人実績を抜粋】f:id:bear-snow:20220228085753p:plain

TOP5を確認すると、新興国株式ファンドが2つランクインしており、新興国株式は比較的ダメージが小さかったと読み取れます。

とても興味のあるダブル・ブレインも比較的ダメージは小さかったですが、株式市場が盛り返してきたときの成績がどうなるか気になります。

また、TOPIXが5位にランクインしており、意外な感じがしました。対象月は中小型、ハイテク、グロース株が軒並み大幅下落したため、それらを選好して投資信託分析を行っているため、比較的景気敏感株やバリュー株も多く含まれるTOPIXの下げが小さかったのかもしれません…。


組込銘柄分析

情報エレクトロニクスファンド

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:34
  1位 - 5.28% 新光電気工業(株) 組込比率:9.9%
  2位 - 4.67% (株)日立製作所 組込比率:8.6%
  3位 -12.12% ソニーグループ(株) 組込比率:8.5%
  4位 - 9.07% ローム(株) 組込比率:5.8%
  5位 -17.22% 太陽誘電(株) 組込比率:5.7%
  6位 - 7.78% ソフトバンクグループ(株) 組込比率:5.6%
  7位 -14.89% ミネベアミツミ(株) 組込比率:4.9%
  8位 -17.43% 東京エレクトロン(株) 組込比率:4.8%
  9位 - 4.73% (株)ジーエス・ユアサ コーポレーション 組込比率:4.3%
 10位 + 4.68% 任天堂(株) 組込比率:3.8%

前月のTOP9と同じ顔ぶれとなりましたが、TOP9はすべてマイナスの結果となりました。

前月10位だった「レーザーテック(株)」と入れ替わり「任天堂(株)」が10位にランクインしましたが、その任天堂のみプラスの結果となりました。

2021年10月以前の分析結果は過去ブログをご参照ください。

bear-snow.com



企業価値成長小型株ファンド(眼力)

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:58
  1位 -18.47% 日本CMK(株) 組込比率:3.0%
  2位 +10.69% ローランド(株) 組込比率:2.9%
  3位 -10.86% (株)ダイセキ 組込比率:2.8%
  4位 -15.01% テクマトリックス(株) 組込比率:2.8%
  5位 -11.78% 山一電機(株) 組込比率:2.7%
  6位 - 7.31% M&Aキャピタルパートナーズ(株) 組込比率:2.6%
  7位 -24.83% HIOKI(株) 組込比率:2.6%
  8位 -24.09% (株)BuySell Technologies 組込比率:2.6%
  9位 - 7.11% (株)トプコン 組込比率:2.5%
 10位 - 8.10% (株)MARUWA 組込比率:2.5%

組込銘柄数は前月の60から58に減りました。株式市場は厳しい状態が続いているので、銘柄数を絞り込んでいるのかもしれません。

また、前月ランク外から一気に2位まで浮上した「ローランド(株)」ですが、その銘柄のみプラスの結果となりました。

2021年10月以前の分析結果は過去ブログをご参照ください。

bear-snow.com



eMAXIS Neo自動運転

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:31
  1位 - 1.74% FORD MOTOR CO 組込比率:5.0%
  2位 - 0.76% VEONEER INC 組込比率:4.9%
  3位 -10.06% GENERAL MOTORS CO 組込比率:4.2%
  4位 -21.56% ALLEGRO MICROSYSTEMS INC 組込比率:4.1%
  5位 - 8.66% VISTEON CORP 組込比率:4.0%
  6位 -36.28% INNOVIZ TECHNOLOGIES LTD 組込比率:3.9%
  7位 -13.42% LUMINAR TECHNOLOGIES INC 組込比率:3.8%
  8位 + 7.10% TOYOTA MOTOR CORP -SPON ADR 組込比率:3.7%
  9位 -17.20% APTIV PLC 組込比率:3.6%
 10位 -11.36% TESLA INC 組込比率:3.4%

私がウォッチし始めてから初めてトヨタがTOP10にランクインしました。TOP10の中では唯一、月間騰落率がプラスとなっており日本人として誇らしく思います。テスラも久しぶりにランクインしましたが、個人的にはトヨタの方を応援しています。

2021年10月以前の分析結果は過去ブログをご参照ください。

bear-snow.com



iFreeNEXT FANG+インデックス

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:10
  1位 + 7.36% BAIDU INC - SPON ADR 組込比率:11.2%
  2位 - 1.57% APPLE INC 組込比率:10.8%
  3位 - 7.53% MICROSOFT CORP 組込比率:10.3%
  4位 + 5.89% ALIBABA GROUP HOLDING-SP ADR 組込比率:10.2%
  5位 - 6.21% ALPHABET INC-CL A 組込比率:10.2%
  6位 -11.36% TESLA INC 組込比率:9.8%
  7位 - 6.86% META PLATFORMS INC CLASS A 組込比率:9.8%
  8位 -10.28% AMAZON.COM INC 組込比率:9.2%
  9位 -16.75% NVIDIA CORP 組込比率:8.9%
 10位 -29.10% NETFLIX INC 組込比率:7.1%

対象月は中国企業のみプラスとなるめずらしい結果となりました。

NETFLIXの29.10%の下落は強烈です…。

2021年10月以前の分析結果は過去ブログをご参照ください。

bear-snow.com

bear-snow.com



ひふみプラス

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:276
  1位 トヨタ自動車(株) 組込比率:2.63%
  2位 (株)デンソー 組込比率:1.86%
  3位 MICROSOFT CORPORATION 組込比率:1.63%
  4位 東京海上ホールディングス(株) 組込比率:1.59%
  5位 東京エレクトロン(株) 組込比率:1.48%
  6位 (株)インターネットイニシアティブ 組込比率:1.41%
  7位 (株)ミライト・ホールディングス 組込比率:1.29%
  8位 ソニーグループ(株) 組込比率:1.17%
  9位 (株)INPEX 組込比率:1.11%
 10位 富士電機(株) 組込比率:1.04%

個人的には中小型株が好きですが、対象月のひふみプラスの選定銘柄TOP10は素晴らしいと思っています。

トヨタ自動車(株)」を組込比率の1位としており、そのトヨタ系列の「(株)デンソー」が2位としており、個人的には自動車関連企業ではトヨタ系列を応援しているのでこれからもキープしてもらいたいなと思っています。

また、石油価格の上昇に伴って同様に爆騰している「(株)INPEX」をこのタイミングで選定しているのは良かったと思います。

2021年10月以前の分析結果は過去ブログをご参照ください。

bear-snow.com



フィデリティ・日本成長株・ファンド

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:180
  1位 ソニーグループ(株) 組込比率:5.9%
  2位 (株)キーエンス 組込比率:4.9%
  3位 (株)ミスミグループ本社 組込比率:4.8%
  4位 (株)リクルートホールディングス 組込比率:3.1%
  5位 オリンパス(株) 組込比率:2.9%
  6位 Zホールディングス(株) 組込比率:2.6%
  7位 東京海上ホールディングス(株) 組込比率:2.4%
  8位 三浦工業(株) 組込比率:2.3%
  9位 SMC(株) 組込比率:2.2%
 10位 (株)マキタ 組込比率:2.1%

組込銘柄TOP10の顔ぶれは、3ヵ月連続で同じになりました。組込銘柄数も前月と同じで180となっています。

やはり「フィデリティ・日本成長株・ファンド」は組込銘柄の変更をあまり実施しないファンドのようです。安定成長を目指す個別株を選定する際に参考になるファンドだなと思います。

2021年10月以前の分析結果は過去ブログをご参照ください。

bear-snow.com



eMAXIS Neoバーチャルリアリティ

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:22
  1位 HIMAX TECHNOLOGIES INC-ADR 組込比率:8.9%
  2位 PTC INC 組込比率:8.2%
  3位 META PLATFORMS INC-CLASS A 組込比率:7.6%
  4位 VISTEON CORP 組込比率:6.8%
  5位 NVIDIA CORP 組込比率:6.2%
  6位 3D SYSTEMS CORP 組込比率:5.8%
  7位 XEROX HOLDINGS CORP 組込比率:5.4%
  8位 ELBIT SYSTEMS LTD 組込比率:5.4%
  9位 MICRON TECHNOLOGY INC 組込比率:5.2%
 10位 MICROSOFT CORP 組込比率:4.6%

選定銘柄の中では、決算後に大幅下落のあったメタが上位に入っているのが気になります…。今後の成長をウォッチしていきたいと思います。

2021年9月以前の分析結果は過去ブログをご参照ください。

bear-snow.com



eMAXIS Neo電気自動車

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:50
  1位 ALLISON TRANSMISSION HOLDING 組込比率:3.4%
  2位 GENTHERM INC 組込比率:3.3%
  3位 HONDA MOTOR CO LTD-SPONS ADR 組込比率:2.9%
  4位 LEAR CORP 組込比率:2.9%
  5位 CUMMINS INC 組込比率:2.9%
  6位 BORGWARNER INC 組込比率:2.8%
  7位 GARRETT MOTION INC 組込比率:2.7%
  8位 DANA INC 組込比率:2.7%
  9位 VISTEON CORP 組込比率:2.5%
 10位 AMERICAN AXLE & MFG HOLDINGS 組込比率:2.5%

対象月はホンダが3位にランクインしました。9月にTOP10にランクインしていましたが、久しぶりにTOP10にランクインして良かったと思います。

Neo自動運転のTOP10にランクインしたトヨタと同様、日本企業にランクインし続けてもらいたいと思います。

2021年9月以前の分析結果は過去ブログをご参照ください。

bear-snow.com



eMAXIS Neoクリーンテック

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:31
  1位 HYSTER-YALE MATERIALS 組込比率:5.0%
  2位 GENERAL ELECTRIC CO 組込比率:4.9%
  3位 ORMAT TECHNOLOGIES INC 組込比率:4.5%
  4位 HUNTSMAN CORP 組込比率:4.4%
  5位 ARCOSA INC 組込比率:4.4%
  6位 TESLA INC 組込比率:4.2%
  7位 FIRST SOLAR INC 組込比率:3.8%
  8位 JINKOSOLAR HOLDING CO-ADR 組込比率:3.7%
  9位 VALMONT INDUSTRIES 組込比率:3.5%
 10位 CANADIAN SOLAR INC 組込比率:3.5%

3ヵ月連続で組込比率がTOPだった「TESLA INC」がとうとう6位にランクダウンしました。

クリーンテックは不振が続いており、対象月も22.14%の下げとなりましたが、爆発力はすごいファンドなので追加買付をしつつ気長に復活を待ちたいと思います。

2021年9月以前の分析結果は過去ブログをご参照ください。

bear-snow.com



iFreeNEXT ATMX+

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:11
  1位 NETEASE INC 組込比率:11.6%
  2位 SUNNY OPTICAL TECH 組込比率:11.6%
  3位 TENCENT HOLDINGS LTD 組込比率:10.8%
  4位 BAIDU INC-CLASS A 組込比率:10.2%
  5位 JD.COM INC - CL A 組込比率:10.1%
  6位 XPENG CLASS A INC 組込比率:9.2%
  7位 XIAOMI CORP-CLASS B 組込比率:8.9%
  8位 TRIP.COM GROUP LTD 組込比率:8.8%
  9位 ALIBABA GROUP HOLDING LTD 組込比率:8.6%
 10位 MEITUAN-CLASS B 組込比率:7.9%
 11位 HSTECH FUTURES 組込比率:2.4%

月組込比率が3位だった「NETEASE INC」がTOPになりました。1月は下落となりましたが、欧米や国内株式ファンドと比較すると比較的下げ幅が限定的でした。

2021年9月以前の分析結果は過去ブログをご参照ください。

bear-snow.com



フィデリティ・欧州株・ファンド

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:52
  1位 ノボ・ノルディスク 組込比率:5.6%
  2位 SAP 組込比率:5.2%
  3位 インフィニオン・テクノロジーズ 組込比率:4.6%
  4位 プロサス 組込比率:4.5%
  5位 メルク 組込比率:3.9%
  6位 レレックス 組込比率:3.8%
  7位 エクスペリアン 組込比率:3.5%
  8位 ソノバ・ホールディングス 組込比率:2.6%
  9位 レントキル・イニシャル 組込比率:2.4%
 10位 ワールドライン 組込比率:2.2%

ウォッチし始めて3ヵ月連続で組込銘柄TOP10の顔ぶれは変わらず、さらに前月と組込銘柄順も一緒になりました…。本当に組込銘柄の変更はあまりしないのかなという印象です。


新生・UTIインドファンド

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:57
  1位 Bajaj Finance Ltd 組込比率:5.6%
  2位 Larsen & Toubro Infotech Ltd 組込比率:5.3%
  3位 HDFC Bank Ltd 組込比率:5.1%
  4位 Infosys Ltd 組込比率:4.1%
  5位 Kotak Mahindra Bank Ltd 組込比率:4.1%
  6位 Housing Development Finance Corporation Ltd 組込比率:3.6%
  7位 ICICI Bank Ltd. 組込比率:3.5%
  8位 Avenue Supermarts Limited 組込比率:3.2%
  9位 Mindtree Ltd 組込比率:2.9%
 10位 Coforge Ltd 組込比率:2.8%

インド株については引き続き勉強不足ですが、TOP10のうち5銘柄が銀行・金融サービス関連となっており前月からも1社増えています。


ベトナムロータス・ファンド(ロータス)

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:65
 1位 ベトナム外商銀行 組込比率:5.71%
 2位 ベトナム投資開発銀行 組込比率:4.71%
 3位 デジワールド・コーポレーション 組込比率:4.09%
 4位 ビンホームズ 組込比率:3.42%
 5位 軍隊商業銀行 組込比率:3.42%

ベトナム株についても引き続き勉強不足ですが、新生・UTIインドファンドと同様、TOP5のうち3銘柄が銀行となっており、前月から2社増えています。


DIAM新興市場日本株ファンド

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:113
  1位 日本マクドナルドホールディングス(株) 組込比率:5.85%
  2位 (株)セレス 組込比率:5.65%
  3位 (株)アドベンチャー 組込比率:4.77%
  4位 (株)メドレー 組込比率:4.77%
  5位 (株)Speee 組込比率:4.51%
  6位 (株)INPEX 組込比率:3.61%
  7位 ライフネット生命保険(株) 組込比率:2.93%
  8位 (株)PKSHA Technology 組込比率:2.87%
  9位 Chatwork(株) 組込比率:2.77%
 10位 (株)アドテック プラズマ テクノロジー 組込比率:2.70%

対象月は「(株)INPEX」が6位にランクインしました。原油高のタイミングで比較的高い比率で組み入れているのは良いと思います。


スパークス・新・国際優良日本株ファンド(厳選投資)

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:16
 1位 ソニーグループ(株) 組込比率:10.2%
 2位 (株)日立製作所 組込比率:10.0%
 3位 三菱商事(株) 組込比率:9.5%
 4位 (株)リクルートホールディングス 組込比率:8.0%
 5位 (株)キーエンス 組込比率:7.6%

組込銘柄TOP5の顔ぶれは3ヵ月連続で同じになっていましたが、今月は新たに三菱商事(株)が3位にランクインしました。


netWIN GSテクノロジー株式ファンドB(為替ヘッジなし)

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:39
  1位 マイクロソフト 組込比率:9.5%
  2位 アルファベット 組込比率:9.4%
  3位 アマゾン・ドット・コム 組込比率:6.5%
  4位 アップル 組込比率:5.1%
  5位 アトラシアン 組込比率:3.0%
  6位 ワークデイ 組込比率:2.9%
  7位 マーベル・テクノロジー 組込比率:2.9%
  8位 サービスナウ 組込比率:2.8%
  9位 セールスフォース・ドットコム 組込比率:2.7%
 10位 ペイパル・ホールディングス 組込比率:2.7%

長期で組込銘柄をウォッチしていないので以前はランクインしていたかもしれませんが、「セールスフォース・ドットコム」が組込銘柄9位に新規にランクインしました。


AB・米国成長株投信B(為替ヘッジなし)

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:53
  1位 マイクロソフト 組込比率:8.2%
  2位 アルファベット 組込比率:8.2%
  3位 VISA 組込比率:5.3%
  4位 アマゾン・ドット・コム 組込比率:5.3%
  5位 メタ・プラットフォームズ 組込比率:4.8%
  6位 ユナイテッドヘルス・グループ 組込比率:4.3%
  7位 クアルコム 組込比率:4.2%
  8位 ゾエティス 組込比率:3.6%
  9位 ホーム・デポ 組込比率:3.4%
 10位 コストコ・ホールセール 組込比率:3.3%

前月からTOP10の顔ぶれは同じとなりました。VISAが前月組込銘柄5位から3位にランクアップしました。


iFreeActive EV

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:20
  1位 CATL 組込比率:8.9%
  2位 テスラ 組込比率:7.8%
  3位 深セン・イノバンス 組込比率:6.7%
  4位 NXPセミコンダクターズ 組込比率:6.6%
  5位 オン・セミコンダクター 組込比率:6.4%
  6位 アナログ・デバイセズ 組込比率:6.1%
  7位 アルベマール 組込比率:6.0%
  8位 ゼージャン・サンホワ 組込比率:5.2%
  9位 GEM 組込比率:5.0%
 10位 ウンナン・エネルギー・ニュー・マテリアル 組込比率:4.9%

前月は組込比率がTOPだったテスラが2位にランクダウンし、前月5位のCATL(中国)がTOPとなりました。対象月は新興国株式が比較的堅調だったと思います。


iFreeActiveゲーム&eスポーツ

[月次]組込銘柄TOP10の騰落率(2022年1月実績)
組込銘柄数:21
  1位 エヌビディア 組込比率:8.9%
  2位 テンセント 組込比率:8.4%
  3位 エレクトロニック・アーツ 組込比率:8.3%
  4位 AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ) 組込比率:7.9%
  5位 ネットイース 組込比率:7.6%
  6位 ソニーグループ 組込比率:6.3%
  7位 テイクツー・インタラクティブ 組込比率:5.5%
  8位 ユニティ・ソフトウェア 組込比率:5.1%
  9位 ウーフー・シュンロン・サンチ― 組込比率:4.9%
 10位 任天堂 組込比率:4.7%

国内メーカーのソニー任天堂がTOP10にランクインして少し誇らしい気持ちになりました。