bear-snowの投資生活

投信ブロガーとオルカンの日々の闘いの記録を綴っていきます

コモディティファンドの週次検証(10/28(金)時点)

bear-snowです。

ご訪問ありがとうございます!

コモディティファンドの週次検証の検証結果をまとめておきます。

[週次]騰落率ランキング(10/24(月)~10/28(金))[基準価額ベース]
  1位 +2.14% ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり)
  2位 +2.09% UBS原油先物ファンド
  3位 +1.37% ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)
  4位 +1.05% eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
  5位 +0.82% iシェアーズ コモディティインデックス・ファンド
  6位 +0.41% 投資実績(bear-snow)
  7位 -0.26% ゴールド・ファンド(為替ヘッジなし)
  8位 -1.03% ピクテ・ゴールド(為替ヘッジなし)
  9位 -1.16% eMAXISプラスコモディティインデックス

投資実績(詳細)


私の投資実績とベンチマークオルカンと、

[My資産] 投資実績(bear-snow)
[eS全株] eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

私が比較的多く保有している以下のファンドと、

[ピクテ金F有] ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)
[日興金F有] ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり)

私が比較的多く保有しているファンドの為替ヘッジなし版の以下のファンドと、

[ピクテ金F無] ピクテ・ゴールド(為替ヘッジなし)
[日興金F無] ゴールド・ファンド(為替ヘッジなし)

比較対象とする以下のファンド

[e+コモ] eMAXISプラスコモディティインデックス
[iSコモデF] iシェアーズ コモディティインデックス・ファンド
[原油先物F] UBS原油先物ファンド

の週次の検証結果です(約定日:2021/12/31(金)前提)。

騰落率ランキング(1/3(月)~10/28(金))[損益ベース]
  1位 +62.88% UBS原油先物ファンド
  2位 +61.59% iシェアーズ コモディティインデックス・ファンド
  3位 +43.57% eMAXISプラスコモディティインデックス
  4位 +16.82% ピクテ・ゴールド(為替ヘッジなし)
  5位 +16.72% ゴールド・ファンド(為替ヘッジなし)
  6位 -0.39% eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
  7位 -9.66% ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)
  8位 -9.95% ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり)
  9位 -17.06% 投資実績(bear-snow)

騰落率推移(1/3(月)~10/28(金))[損益ベース]


外国株式ファンドは私のポートフォリオの半分以上、将来的には70%以上を占める予定でそのすべてが「為替ヘッジなし」となっており、為替変動の影響が大きくなっています。そのリスクヘッジのためにもゴールドファンドは「為替ヘッジあり」を選択しています(ETFに「為替ヘッジあり」は存在しない)。もう一つの理由として、金が上がるときは円高ドル安となる場合が多いため、為替で損をしないように「為替ヘッジあり」を選択しています。

[e+コモ] eMAXISプラスコモディティインデックス
ベンチマークに掲げるS&P GSCIトータルリターン指数は、エネルギーセクターの基本構成比率が約60%と、代表的な商品指数の中では最も高いという特徴があります。

[iSコモデF] iシェアーズ コモディティインデックス・ファンド
ベンチマークに掲げるブルームバーグ商品指数トータルリターン指数のエネルギーセクターの比率は約36%と、S&P GSCIトータルリターン指数ほどは高くありません。

私の比較的多く保有しているゴールドファンド(為替ヘッジあり)がめずらしく上位に入りました。本格的に円高になるのはいつのことやら…。

2021年以前の週次検証は過去ブログをご参照ください。

bear-snow.com


投資方針については極力変更せず、マイルールを遵守して運用していきたいと思います。