bear-snowの投資生活

投信ブロガーとオルカンの日々の闘いの記録を綴っていきます

コモディティファンドの週次検証(2/18(金)時点)

ランキングに参加しています。1日1回の応援クリックをよろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

bear-snowです。

いつも本ブログを閲覧して頂きありがとうございます!

=====
前日比22万円以上のマイナス(2/22(火)時点) 勝者:インデックス投信

対戦結果 [アクティブ投信ブロガー vs インデックス投信]
 勝者:インデックス投信
  -1.02% 投資実績(bear-snow)
  -0.23% eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

国内株式ファンド、ATMX+の大幅下落が響き、インデックス投信の勝利となりました。

指数情報(日次)は本日12時にアップする予定です。
=====

コモディティファンドの週次検証の検証結果をまとめておきます。

[週次]騰落率ランキング(2/14(月)~2/18(金))[基準価額ベース]
  1位 +3.54% ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)
  2位 +3.53% ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり)
  3位 +3.49% SMTゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)
  4位 +3.47% iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド(為替ヘッジあり)
  5位 +3.47% ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)
  6位 +1.25% eMAXISプラスコモディティインデックス
  7位 +0.12% iシェアーズ コモディティインデックス・ファンド
  8位 -0.26% コモディティ・アルファ戦略ファンド
  9位 -0.76% UBS原油先物ファンド
 10位 -1.92% ニッセイ・インデックスバランスF(4資産均等型)
 11位 -5.01% eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

投資実績(詳細)f:id:bear-snow:20220223053533p:plain

私が比較的多く保有している以下のファンドと、

[ピクテ金F有] ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)
[日興金F有] ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり)

比較対象として興味がある以下のファンドと、

[SMT金F有] SMTゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)
[SS金F有] ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)
[iS金F有] iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド(為替ヘッジあり)
[原油先物F] UBS原油先物ファンド
[コモディα戦] コモディティ・アルファ戦略ファンド

以下のインデックスファンド(4資産均等型ファンドも含む)

[eS米株] eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
[ニッセイ4資産] ニッセイ・インデックスバランスF(4資産均等型)
[e+コモ] eMAXISプラスコモディティインデックス
[iSコモデF] iシェアーズ コモディティインデックス・ファンド

の週次の検証結果です(約定日:2021/12/31(金)前提)。

騰落率ランキング(1/3(月)~2/18(金))[損益ベース]
  1位 +14.16% UBS原油先物ファンド
  2位 +13.86% iシェアーズ コモディティインデックス・ファンド
  3位 +10.95% eMAXISプラスコモディティインデックス
  4位 + 5.06% SMTゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)
  5位 + 5.06% iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド(為替ヘッジあり)
  6位 + 5.01% ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり)
  7位 + 4.98% ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)
  8位 + 4.65% ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)
  9位 + 0.32% コモディティ・アルファ戦略ファンド
 10位 - 3.93% ニッセイ・インデックスバランスF(4資産均等型)
 11位 - 8.51% eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

騰落率推移(1/3(月)~2/18(金))[損益ベース]f:id:bear-snow:20220223053600p:plain

保有している海外株式型ファンドはほとんど「為替ヘッジなし」のため、リスクヘッジのためにもゴールドファンドは「為替ヘッジあり」を選択しています(ETFに「為替ヘッジあり」は存在しない)。もう一つの理由として、金が上がるときは円高ドル安となる場合が多いため、為替で損をしないように「為替ヘッジあり」を選択しています。

[e+コモ] eMAXISプラスコモディティインデックス
ベンチマークに掲げるS&P GSCIトータルリターン指数は、エネルギーセクターの基本構成比率が約60%と、代表的な商品指数の中では最も高いという特徴があります。

[iSコモデF] iシェアーズ コモディティインデックス・ファンド
ベンチマークに掲げるブルームバーグ商品指数トータルリターン指数のエネルギーセクターの比率は約36%と、S&P GSCIトータルリターン指数ほどは高くありません。

対象週より「iシェアーズ コモディティインデックス・ファンド」もウォッチすることにしました。検証対象が増えて分析好きな私の楽しみがまた1つ増えました。

年初来の成績ですが、「iシェアーズ コモディティインデックス・ファンド」は「UBS原油先物ファンド」とほぼ同じの約14%の上昇となっており、なかなか面白いファンドだと思います。

eMAXISプラスコモディティインデックス」はコモディティファンドの中では年初来での上げ幅が小さいですが、いつか原油価格の大幅下落があると読んでいるので、その際の下げ幅を確認してみたいと思います。

アクティブファンドの「コモディティ・アルファ戦略ファンド」はとても安定した値動きで、逆にインデックスファンドが値動きが激しくなっており、とても興味深い感じになっています(逆になると思っていました…)。私が選定するなら、安定を目指して「コモディティ・アルファ戦略ファンド」を選定しそうな気がします。今年の12月までは新しいファンドの新規買付は行わないと決めているので、12月までの値動きを確認して買付を行うか判断したいと思います。

ゴールドファンドは先月までは毎日5千円積立でしたが、今は毎日1千円積立にしています。保有しているゴールドファンドはプラ転して、さらに上昇基調にあるので逆張り好きな私にとっては今は買い時でないと判断しています。株式市場が復活すればゴールドファンドはいずれ下落すると思うので、その際には積立額をアップさせたいと思います。

2021年以前の週次検証は過去ブログをご参照ください。bear-snow.com


投資方針については特に変更はせず、淡々とマイルールを遵守して運用していきたいと思います。