bear-snowの投資生活

投信ブロガーとオルカンの日々の闘いの記録を綴っていきます

コモディティファンドの週次検証(4/15(金)時点)

bear-snowです。

いつも本ブログを閲覧して頂きありがとうございます!

=====
前日比7万円以上のプラス(4/19(火)時点) 勝者:インデックス投信

対戦結果 [アクティブ投信ブロガー vs インデックス投信]
 勝者:インデックス投信
  +0.31% 投資実績(bear-snow)
  +0.51% eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

インド、ベトナム株式ファンドの軟調が響き、インデックス投信の勝利となりました。

個人成績&指数情報(日次)は本日12時にアップする予定です。
=====

コモディティファンドの週次検証の検証結果をまとめておきます。

[週次]騰落率ランキング(4/11(月)~4/15(金))[基準価額ベース]
  1位 +9.75% iシェアーズ コモディティインデックス・ファンド
  2位 +8.22% eMAXISプラスコモディティインデックス
  3位 +7.13% UBS原油先物ファンド
  4位 +3.62% コモディティ・アルファ戦略ファンド
  5位 +2.23% iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド(為替ヘッジあり)
  6位 +2.15% SMTゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)
  7位 +2.13% ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり)
  8位 +2.04% ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)
  9位 +1.53% ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)
 10位 +0.30% ニッセイ・インデックスバランスF(4資産均等型)
 11位 -0.34% eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

投資実績(詳細)
f:id:bear-snow:20220418061627p:plain

私が比較的多く保有している以下のファンドと、

[ピクテ金F有] ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)
[日興金F有] ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり)

比較対象として興味がある以下のファンドと、

[SMT金F有] SMTゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)
[SS金F有] ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)
[iS金F有] iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド(為替ヘッジあり)
[原油先物F] UBS原油先物ファンド
[コモディα戦] コモディティ・アルファ戦略ファンド

以下のインデックスファンド(4資産均等型ファンドも含む)

[eS米株] eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
[ニッセイ4資産] ニッセイ・インデックスバランスF(4資産均等型)
[e+コモ] eMAXISプラスコモディティインデックス
[iSコモデF] iシェアーズ コモディティインデックス・ファンド

の週次の検証結果です(約定日:2021/12/31(金)前提)。

騰落率ランキング(1/3(月)~4/15(金))[損益ベース]
  1位 +51.50% iシェアーズ コモディティインデックス・ファンド
  2位 +49.92% UBS原油先物ファンド
  3位 +43.31% eMAXISプラスコモディティインデックス
  4位 +14.09% コモディティ・アルファ戦略ファンド
  5位 + 8.87% iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド(為替ヘッジあり)
  6位 + 8.83% ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり)
  7位 + 8.83% SMTゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)
  8位 + 8.77% ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)
  9位 + 8.16% ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)
 10位 + 1.05% eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
 11位 - 1.16% ニッセイ・インデックスバランスF(4資産均等型)

騰落率推移(1/3(月)~4/15(金))[損益ベース]
f:id:bear-snow:20220418061730p:plain

保有している海外株式型ファンドはほとんど「為替ヘッジなし」のため、リスクヘッジのためにもゴールドファンドは「為替ヘッジあり」を選択しています(ETFに「為替ヘッジあり」は存在しない)。もう一つの理由として、金が上がるときは円高ドル安となる場合が多いため、為替で損をしないように「為替ヘッジあり」を選択しています。

[e+コモ] eMAXISプラスコモディティインデックス
ベンチマークに掲げるS&P GSCIトータルリターン指数は、エネルギーセクターの基本構成比率が約60%と、代表的な商品指数の中では最も高いという特徴があります。

[iSコモデF] iシェアーズ コモディティインデックス・ファンド
ベンチマークに掲げるブルームバーグ商品指数トータルリターン指数のエネルギーセクターの比率は約36%と、S&P GSCIトータルリターン指数ほどは高くありません。

私が特に注目している「コモディティ・アルファ戦略ファンド」がとても良い値動きをしています。余剰資金があったらマイルールを破って買い付けしたいくらいの勢いです…。ただ、コモディティファンドの下落局面での値動きを確認していないので、やはり、それをタイムリーにウォッチした後に買い付けしようかと思います。

ちなみに、コモディティ・アルファ戦略は運用開始(2011年8月)以来の約10年のパフォーマンスはとても良好で、唯一マイナスパフォーマンスになった2016年以外はすべてプラスの結果となっています。その2016年でも1.4%のマイナスと、とても安定しており、リスクヘッジ資産としてぜひ保有したいと思っています。ゴールドが上昇し続けるか高値を維持し続けてしまうと追加買付をしようという意欲がなくなってしまうので、その代わりに「コモディティ・アルファ戦略ファンド」を新規買付するのは有りだと思っています。

唯一の懸念材料は「為替ヘッジなし」しかないことで、個人的にはリスクヘッジ資産は「為替ヘッジあり」が良いと思っています。

2021年以前の週次検証は過去ブログをご参照ください。

bear-snow.com


投資方針については特に変更はせず、淡々とマイルールを遵守して運用していきたいと思います。