bear-snowの投資生活

投信ブロガーとオルカンの日々の闘いの記録を綴っていきます

全ファンドの投信ランキング(2022年10月末基準)

bear-snowです。

ご訪問ありがとうございます!

2022/11/5(土)にみんかぶのランキングデータが更新されましたので、情報をまとめておきます。

引用元:https://itf.minkabu.jp/news/1432


投資信託リターンランキング[期間:1年]

  1位 108.89% 米国MLPファンド(毎月分配型)Bコース(円ヘッジなし)(THE MLP B)
  2位 92.24% 三菱UFJ米国バンクローンファンド通貨選択シリーズ<ロシアルーブルコース>(毎月分配型)(スマートスター)
  3位 80.94% 世界シェールガス株ファンド
  4位 74.39% 野村ブル・ベア セレクト8(米国国債4倍ベア8)
  5位 70.60% 野村ブル・ベア セレクト8(円安ドル高トレンド8)
  6位 68.58% インデックスファンドMLP(1年決算型)
  7位 67.83% インデックスファンドMLP(毎月分配型)
  8位 67.09% シェール関連株オープン
  9位 64.88% GS MLPインフラ関連証券ファンド年2回決算コース(ザ・シェール)
 10位 64.72% GS MLPインフラ関連証券ファンド毎月決算コース(ザ・シェール)


前月に引き続き、コモディティ、エネルギー関連ファンド、通貨選択型(ロシアルーブル)のバンクローンファンド、国債や為替のベア型ファンドなどの尖ったファンドがTOP10にランクインしています。私が長期投資前提で選定するようなファンドは1つもありません…。

[サイトよりそのまま引用] ※対象はTOP5
1年利回り(リターン)ランキングのトップは「米国MLPファンド(毎月分配型)Bコース(円ヘッジなし)(THE MLP B)」です。投資対象の米国MLPの上昇に加えて、基準価額算出上の特殊要因がリターンを押し上げました。当ファンドは、2022年10月20日以降、個別のMLPへの投資をMLPに投資するETFに切り替えました。それに伴い、引き当てていた税金費用の見直しをした結果、10月26日の基準価額は、前日比26%以上の上昇となりました。


投資信託リターンランキング[期間:3年]

  1位 38.44% iFreeActive EV
  2位 33.66% eMAXIS Neoバーチャルリアリティ
  3位 32.01% UBS原油先物ファンド
  4位 31.70% SMT MIRAIndexエコ
  5位 30.28% iFreeNEXT FANG+インデックス
  6位 30.28% FANG+インデックス・オープン
  7位 29.01% 世界シェールガス株ファンド
  8位 28.12% eMAXIS Neoウェアラブル
  9位 28.10% 米国エネルギー革命関連ファンド(年1回決算型)為替ヘッジなし(エネルギーレボリューション)
 10位 27.98% 米国製造業株式ファンド(USルネサンス


私が比較的多く保有しているNeoバーチャルリアリティFANG+、Neoウェアラブルが引き続きTOP10にランクインしましたが、Neo自動運転が前月の5位から20位に大きくランクダウンしました。

[サイトよりそのまま引用] ※対象はTOP5
10月末で設定から3年が経過した「SMT MIRAIndexエコ」が、4位にランクインしました。


投資信託リターンランキング[期間:5年]

  1位 20.01% 米国製造業株式ファンド(USルネサンス
  2位 18.90% 企業価値成長小型株ファンド(眼力)
  3位 18.88% UBS原油先物ファンド
  4位 18.23% サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジなし)
  5位 18.15% 東京海上J-REIT投信(通貨選択型)メキシコペソコース(毎月分配型)
  6位 17.53% 野村米国ブランド株投資(アジア通貨コース)年2回決算型
  7位 17.50% 野村米国ブランド株投資(アジア通貨コース)毎月分配型
  8位 17.43% 野村米国ブランド株投資(米ドルコース)毎月分配型
  9位 17.40% 野村米国ブランド株投資(米ドルコース)年2回決算型
 10位 17.24% アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Bコース(為替ヘッジなし)


前月にTOPに返り咲いた「企業価値成長小型株ファンド(眼力)」ですが、対象月は再度2位にランクダウンしました。

私が比較的多く保有している「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Bコース(為替ヘッジなし)」がTOP10に何とか滑り込んで良かったと思っています。

[サイトよりそのまま引用] ※対象はTOP5
前月、4位に初ランクインした「米国製造業株式ファンド(USルネサンス)」がさらに順位を上げ、5年利回り(リターン)ランキングトップになりました。それに伴い、前月トップの「企業価値成長小型株ファンド(眼力)」が2位に後退しています。