bear-snowの投資生活

アクティブ投信ブロガーとインデックス投信の日々の闘いの記録を綴っていきます

前日比9万円以上のマイナス(9/30(木)時点) 勝者:インデックス投信

bear-snowです。

いつも本ブログを閲覧して頂きありがとうございます!

昨日オンライン会議に参加したときに、主催者が「聞こえない人は声をかけてください」と言っていましたが、聞こえない人はその声掛けも聞こえないので意味がないのでは? と心の中で突っ込みを入れてしまいました。

早速、対戦結果の発表です。

対戦結果 [アクティブ投信ブロガー vs インデックス投信]
 勝者:インデックス投信
  +0.41% eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  -0.44% 投資実績(bear-snow)

対象日は私の多く保有している海外株式型ファンド、国内株式型ファンドのどちらも軟調で、インデックス投信の圧勝となりました。

[日次]騰落率ランキング(9/30(木)時点)
  1位 +1.08% フィデリティ・USリート・ファンドD(為替ヘッジなし)
  2位 +0.41% eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  3位 +0.20% ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)
  4位 +0.15% フィデリティ・日本成長株・ファンド
  5位 +0.12% eMAXIS NASDAQ100インデックス
  6位 +0.12% eMAXIS Neo宇宙開発
  7位 +0.09% 企業価値成長小型株ファンド(眼力)
  8位 -0.02% まるごとひふみ15
  9位 -0.03% eMAXIS Neoドローン
 10位 -0.10% eMAXIS Neoウェアラブル
 11位 -0.25% ひふみプラス
 12位 -0.33% eMAXIS Slim国内株式(日経平均)
 13位 -0.40% eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)
 14位 -0.41% ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり)
 15位 -0.44% 投資実績(bear-snow)
 16位 -0.44% 情報エレクトロニクスファンド
 17位 -0.48% eMAXIS Neoロボット
 18位 -0.49% iFreeNEXT FANG+インデックス
 19位 -0.86% eMAXIS Neoフィンテック
 20位 -0.94% eMAXIS Neo自動運転
 21位 -0.96% eMAXIS Neo電気自動車
 22位 -0.97% フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド(資産成長型)
 23位 -1.24% eMAXIS Neoバーチャルリアリティ
 24位 -1.26% eMAXIS Neoクリーンテック
 25位 -1.28% eMAXIS Neoナノテクノロジー
 26位 -1.39% eMAXIS Neo遺伝子工学
 27位 -1.44% iFreeNEXT ATMX+
 28位 -1.56% iFreeレバレッジFANG+
 29位 -1.95% KOA(6999)

先月くらいまでは買付余力もあまりなかったので、私の好きなイベント投資(マイルールとしては、アノマリーを考慮して機械的に投資する手法)をすることができませんでしたが、買付余力も多くなってきたので「情報エレクトロニクスファンド」の投資に以下の紫字のルールを追加することにしました。

情報エレクトロニクスファンド
口座: 特定
・売却は行わない。
・毎日積立を継続する。
・勤労所得、売却益等で買付余力が350~400万円以上となった場合、350~400万円を残して基本的にすべて「情報エレクトロニクスファンド」の買付に充てる。
・月末にアノマリーで株安になった場合、月末約定日で5万円以上分を「情報エレクトロニクスファンド」の買付に充てる。

早速、このルールを適用して9/30(木)の約定日で「情報エレクトロニクスファンド」の追加買付を行いました。先月は8月末は月末安のアノマリーに反して日本株は上昇しましたが、9月末以降はアノマリーが続いていくのではと思っています。(特に12月末は利益確定売りと損益通算で売りが出やすい??)

また、リートについても、他のハイリスクハイリターンの株式型ファンドに比べてボラティリティが低く、なかなか追加買付を行うことができていませんので、以下のとおりに、追加買付の基準を5%から3%に変更しました。

フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド(資産成長型) [基準評価額:100万円]
口座: 特定
フィデリティ・USリート・ファンド(資産成長型)D(為替ヘッジなし) [基準評価額:100万円]
口座: 特定
・評価額は基準評価額の±10%以内を目標とする。
・10%以上の上昇時には上昇分の売却を行う。
3%以上の下落時には3%以上分の追加買付を行う。

こちらも早速、このルールを適用して9/30(木)の約定日で「フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド(資産成長型)」の追加買付を行いました。今後は追加買付の頻度が高くなる見込みです。

下記が直近動いているものです。

・9/30(木)の約定日で追加買付済み
 5万円:情報エレクトロニクスファンド
 3万円:フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド(資産成長型)
 2万5千円:eMAXIS Neoナノテクノロジー
 2万5千円:iFreeレバレッジFANG+
 1万円:eMAXIS Neo遺伝子工学
 1万円:eMAXIS Neoウェアラブル

・10/1(金)の約定日で追加買付中
 2万5千円:eMAXIS Neoバーチャルリアリティ

・毎日積立中
 5千円:ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)(約定日:8/16(月)~)
 5千円:iFreeNEXT ATMX+(約定日:8/20(金)~)
 1千円:情報エレクトロニクスファンド(約定日:9/24(金)~)

[日次]投資実績(9/30(木)時点)<SBI口座ポートフォリオ>
 前日比: -94,854円 (-0.44%)
 損益: +2,055,042円 (+10.65%)
 評価額: 21,326,266円

[日次]投資実績(9/30(木)時点)<SBI口座売却損益込み>
 投資額: 17,926,299円
 損益: +3,399,967円 (+18.97%)
 評価額: 21,326,266円

投資実績(詳細)f:id:bear-snow:20211001060653p:plain

海外指数([JST]10/1(金)早朝の調査時点)f:id:bear-snow:20211001060711p:plain

NY市場の主要指数は全下げとなりました。引けにかけての下げがきつかったです。

PHL半導体(SOX)がずっとプラスで推移していましたが、引けにかけての下げでマイナスに転じました。ただ、下げ幅は限定的だったと思います。こんな時はNeoシリーズが少し頑張ってくれるはずです。

私が比較的多く保有しているFANG+は奇跡的に若干のプラスとなりました。

こんな時の金で、現時点の先物は2%以上の上昇となっています。

ATMX+は引き続き無心で毎日積立を継続したいと思います。(基本的には、ずっと同じコメントの予定…。)

S&P Kensho Index [eMAXIS Neoシリーズ連動指数] ([JST]10/1(金)早朝の調査時点)f:id:bear-snow:20211001060749p:plain

Neoシリーズはまちまちの展開となりました。

Neoシリーズの中では比較的多く保有している自動運転、バーチャルリアリティナノテクノロジー、電気自動車、クリーンテックが奇跡的にすべてプラスとなったので、今日の基準価額は楽しみです。

ただ、円高が進んでおり東京市場にはマイナスなので、どのくらい踏ん張ってくれるか心配です。ちなみに、対象日の日本株ADRはほぼ全面安でトヨタが4%超下落しています。現時点では、東京市場の主要指数の先物は軒並み下落しています。

ドル円の為替(仲値)情報・対戦結果・アクセス結果
引用元(為替情報):http://www.murc-kawasesouba.jp/fx/index.phpf:id:bear-snow:20211001060852p:plain

※閲覧される皆様へ
一般的に推奨されていない投資手法も取り入れており、数日で10%以上の含み損が出ることもあります。参考程度に本ブログを閲覧して頂けると幸いに思います。


本日も本ブログを最後まで閲覧して頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。よければ、応援クリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ