bear-snowの投資生活

投信ブロガーとオルカンの日々の闘いの記録を綴っていきます

【投資方針(7/31(日)時点)】国際株式ファンドの週次検証(7/29(金)時点)

bear-snowです。

ご訪問ありがとうございます!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

保有投資信託実績(月次)は本日19時にアップする予定です。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

積立投資(ドルコスト平均法)についての個人的な考え方をまとめておきます。

一般的にはオルカンやS&P500などの主要指数に連動したファンドを毎月積み立てるのが推奨されていると思っていますが、個人的にはこれらのファンドに投資する際には一括投資がベターだと考えています。

これらのインデックスファンドはボラティリティが比較的低く、積立投資(ドルコスト平均法)のメリットが最大限に生かせないことが理由です。ある程度上下に振れたほうが下落局面で多く購入できるため、これらのインデックスファンドと比較すると、新興国株式ファンドのようなボラティリティが高いファンドの方が積立投資と相性が良いと考えています。

さらに、私が多く保有しているようなとてもボラティリティが高いファンドは日々の値動きも激しい傾向があるため、毎月積立は選択せず、毎日積立を選択するようにしています。

下記が直近動いているものです。

・毎日積立中(1.000円
 eMAXIS NeoコミュニケーションDX(約定日:8/1(月)~
 eMAXIS Neo水素エコノミー(約定日:8/1(月)~
 eMAXIS Neo宇宙開発(約定日:8/1(月)~
 フィデリティ・欧州株・ファンド(約定日:8/1(月)~
 新生・UTIインドファンド(約定日:8/1(月)~
 AB・米国成長株投信B(為替ヘッジなし)(約定日:8/1(月)~
 ベトナムロータス・ファンド(ロータス)(約定日:8/1(月)~

・毎日積立中(500円
 企業価値成長小型株ファンド(眼力)(約定日:8/1(月)~
 情報エレクトロニクスファンド(約定日:8/1(月)~

・毎日積立中(400円
 eMAXIS Neoクリーンテック(約定日:8/1(月)~
 iFreeNEXT FANG+インデックス(約定日:8/1(月)~
 iFreeレバレッジFANG+(約定日:8/1(月)~
 iFreeNEXT ATMX+(約定日:8/1(月)~
 フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド(資産成長型)(約定日:8/1(月)~

・毎日積立中(300円
 eMAXIS Neo遺伝子工学(約定日:8/1(月)~
 eMAXIS Neoロボット(約定日:8/1(月)~
 eMAXIS Neoナノテクノロジー(約定日:8/1(月)~
 eMAXIS Neoフィンテック(約定日:8/1(月)~
 eMAXIS Neoバーチャルリアリティ(約定日:8/1(月)~
 eMAXIS Neo自動運転(約定日:8/1(月)~
 eMAXIS Neo電気自動車(約定日:8/1(月)~
 eMAXIS Neoウェアラブル(約定日:8/1(月)~

7/31(日)時点の投資方針をまとめておきます。今週の変更点を紫字で記載しました。


金保有率

・投資資金の30%以上とする。
・買付余力は現金の対象にしない。


買付余力

買付余力:660,147円
・各ファンドが同時に大幅下落して多額の追加買付をする場合を除き、300万円以上を維持する。
・現金保有率の高さに関わらず、無理をして買付余力は増やさない。
・My資産(SBI証券)「預り金(円)=買付余力」



投資目標

・通算で含み損があるファンドは売却しない。(損益通算の誘惑に負けない)
2034年12月末(末っ子が20歳になる年)までにリスク資産の総評価額を6,250万円以上にする。
2034年12月末時点の総投資額は3,000万円~5,000万円を予定している。(当てにならない投資成績よりも入金額UPを優先)


2035年以降の目標資産配分

2034年10月から12月にかけて、以下の資産配分に切り替える。
・含み損のあるファンドも売却を行い、資産配分切替用に買付資金を捻出する。
・一般NISAと確定拠出年金はGPIF(外国株式、国内株式、外国債券、国内債券に各25%ずつ分散投資する)に倣って投資額は各25%を目標とするが、分散比率が大きく変わったとしてもリバランスは行わない。

[iF米ダウ] iFree NYダウ・インデックス
 口座: 一般NISA
 投資額: 投資枠半額(305万円)
 目標評価額:500万円
[eS225] eMAXIS Slim国内株式(日経平均)
 口座: 一般NISA
 投資額: 投資枠半額(305万円)
 目標評価額:500万円
[野村外債DC] 野村外国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け)
 口座: 確定拠出年金
 投資額: 投資枠半額(252.45万円)
 目標評価額:500万円
[野村内債DC] 野村国内債券インデックスファンド(確定拠出年金向け)
 口座: 確定拠出年金
 投資額: 投資枠半額(252.45万円)
 目標評価額:500万円
[ニッセイ4資産] ニッセイ・インデックスバランスF(4資産均等型)
 口座: 特定
 目標評価額:2,000万円
ゴールドファンド(為替ヘッジあり)
 口座: 特定
 目標評価額:1,000万円
個別株・アクティブファンド(サテライト)
 口座: 特定
 目標評価額:1,250万円



1億円到達時の目標アセットアロケーション

2034年12月末までにリスク資産の総評価額が1億円に達した場合、徐々に以下の資産配分に切り替えていく。
・資産配分の切替後、FIREを検討する???(仕事が趣味のような感じなので辞めない気もしますが…。)



買付余力枯渇時の投資方針

・狼狽売りをしない。
・積立額を最小限にして毎日積立を継続する。


各投資対象の投資方針

KOA(6999)
投資額: 68,511円(100株)
評価額: 213,100円
・現投資スタンスは投資信託にターゲットを絞っており、投資額も少額のため、売却も追加買付も行わない。

ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり)
口座: 一般NISA
投資額: 1,200,000円
評価額: 1,124,321円
・売却も追加買付も行わない。
・対象の2021年の投資分の運用期間が5年を超えたら、すべて特定口座に移す。

ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)
投資額: 1,107,000円
評価額: 1,053,658円
・売却は行わない。
・ゴールドファンドの保有率はリスク資産の約1割を目安とする。
・含み損が5%以上になった際には、毎日積立(1千円以上)を開始する。
・含み益が5%以上になった際には、毎日積立(1千円以上)を終了する。
・月末の買付余力が200万円以下になる見込みの際には 追加買付は行わない。
・ゴールドファンドの保有率が目安の割合から乖離していても、無理をして追加買付は行わない。

ひふみプラス
口座: 一般NISA
投資額: 4,800,000円
評価額: 5,713,157円
・2018年の投資分については、5%以上の上昇時に120万円分の売却を行う。
・売却後、2018年の残り投資分については、すべて特定口座に移す。
・特定口座に移した投資分については、極力早めに解約(全売却)する。
・2019年、2020年、2022年の投資分については、売却も追加買付も行わない。
・2023年の投資分は「iFree NYダウ・インデックス」と「eMAXIS Slim国内株式(日経平均)」に充てる。

情報エレクトロニクスファンド [基準評価額:200万円]
投資額: 2,171,000円
評価額: 1,831,787円
企業価値成長小型株ファンド(眼力) [基準評価額:200万円]
投資額: 2,188,446円
評価額: 2,113,507円
新生・UTIインドファンド [基準評価額:200万円]
投資額:1,243,000円
評価額:1,222,436円
ベトナムロータス・ファンド(ロータス) [基準評価額:200万円]
投資額:1,247,000円
評価額:1,179,394円
フィデリティ・欧州株・ファンド [基準評価額:200万円]
投資額: 261,000円
評価額: 260,385円
AB・米国成長株投信B(為替ヘッジなし) [基準評価額:200万円]
投資額:93,000円
評価額:98,983円
フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド(資産成長型) [基準評価額:100万円]
投資額:1,211,000円
評価額:1,214,003円
iFreeNEXT ATMX+ [基準評価額:100万円]
投資額:1,770,655円
評価額:1,485,279円
iFreeNEXT FANG+インデックス [基準評価額:100万円]
投資額:827,568円
評価額:936,223円
フィデリティ・USリート・ファンド(資産成長型)D(為替ヘッジなし) [基準評価額:100万円]
投資額:780,671円
評価額:978,872円
eMAXIS Neoクリーンテック [基準評価額:50万円]
投資額:718,645円
評価額:743,076円
eMAXIS Neo宇宙開発 [基準評価額:50万円]
投資額:219,683円
評価額:247,024円
eMAXIS Neo遺伝子工学 [基準評価額:20万円]
投資額:328,256円
評価額:266,815円
eMAXIS Neoドローン [基準評価額:20万円]
投資額:312,000円
評価額:316,517円
eMAXIS NeoコミュニケーションDX [基準評価額:20万円]
投資額:62,000円
評価額:62,344円
eMAXIS Neoロボット [基準評価額:20万円]
投資額:289,000円
評価額:265,547円
eMAXIS Neoナノテクノロジー [基準評価額:20万円]
投資額:272,308円
評価額:246,547円
eMAXIS Neoフィンテック [基準評価額:20万円]
投資額:372,000円
評価額:281,224円
eMAXIS Neo水素エコノミー [基準評価額:20万円]
投資額:62,000円
評価額:65,510円
eMAXIS Neoバーチャルリアリティ [基準評価額:20万円]
投資額:533,518円
評価額:526,267円
eMAXIS Neo自動運転 [基準評価額:20万円]
投資額:77,915円
評価額:472,633円
eMAXIS Neo電気自動車 [基準評価額:20万円]
投資額:821,000円
評価額:663,005円
eMAXIS Neoウェアラブル [基準評価額:20万円]
投資額:264,878円
評価額:261,199円
・評価額は基準評価額の±10%以内を目標とする。
・10%以上の上昇時には基準評価額との差額の売却を行う。
・含み損が5%以上になった際には、毎日積立を開始する。
・毎日積立額は以下のとおりとする。
 [買付余力300万円以上]
  5,000円:基準評価額未到達ファンド&[基準評価額:200万円]
  2,000円:[基準評価額:100万円]&[基準評価額:50万円]
  1,000円:[基準評価額:20万円]
 [買付余力50万円以上300万円未満]
  2,000円:基準評価額未到達ファンド&[基準評価額:200万円]
  1,000円:[基準評価額:100万円]&[基準評価額:50万円]
  500円:[基準評価額:20万円]
 [買付余力50万円以下]
  2,000円以下:基準評価額未到達ファンド
  500円:[基準評価額:200万円]
  400円:[基準評価額:100万円]&[基準評価額:50万円]
  300円:[基準評価額:20万円]
・含み益が5%以上になった際には、毎日積立を終了する。
・買付余力が300万円以上あることが前提で、含み益がある状態で最高値から10%以上の下落時には、基準評価額の5%以上分の追加買付を行う。

iFreeレバレッジFANG+
投資額:574,040円
評価額:363,212円
・含み損が5%以上になった際には、毎日積立(1千円以上)を開始する。
・10%以上の上昇時に解約(全売却)する。
・代わりに「iFreeレバレッジS&P500」の新規買付をする。

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
ニッセイ・インデックスバランスF(4資産均等型)
投資額: 1万円
・基準価額の推移確認が目的のファンドのため、売却も追加買付も行わない。

たわらノーロード先進国株式
投資額: 1,183,500円
評価額: 1,397,139円
口座: 確定拠出年金
確定拠出年金の構成比率は「たわらノーロード先進国株式」50%とする。
確定拠出年金の月次の投資額は「たわらノーロード先進国株式」9千円とする。
2034年12月までに投資枠半額分をすべて「野村外国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け)」にスイッチングする。

OneDC先進国リートインデックスファンド
投資額: 1,183,500円
評価額: 1,315,753円
口座: 確定拠出年金
確定拠出年金の構成比率は「OneDC先進国リートインデックスファンド」50%とする。
確定拠出年金の月次の投資額は「OneDC先進国リートインデックスファンド」9千円とする。
2034年12月までに投資枠半額分をすべて「野村国内債券インデックスファンド(確定拠出年金向け)」にスイッチングする。


解約済損益額(税引後)

持株会
解約済損益額(税引後): +77,700円
種類:自社株(持株会)
・100株に達して、売却益が出る見込みのときは、基本的には極力早いタイミングで売却する。
・積立額は給与時1千円、賞与時3千円とする。
・会社補助(奨励金)は10%となっている。
・解約済損益額には会社補助(奨励金)の10%は考慮しない。

投資信託
解約済損益額(税引後): +820,396円
 +4,293円 (ミュータント)
 +4,522円 (iFreeNEXT NASDAQ100インデックス)
 +2,644円 (東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン)
 +21,791円 (SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド)
 +151,080円 (ひふみワールド+)
 +31円 (eMAXIS Slim国内債券インデックス)
 +148円 (eMAXIS Slim先進国債券インデックス)
 +1,467円 (iFreeレバレッジNASDAQ次世代50)
 +1,699円 (iFreeレバレッジS&P500)
 +1,689円 (フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド)
 +328円 (フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし))
 +2,443円 (iFreeレバレッジNASDAQ100)
 +604,649円 (厳選ジャパン)
 +492円 (投資のソムリエ)
 +69円 (eMAXIS Slim国内株式(日経平均))
 +449円 (eMAXIS Slim国内株式(TOPIX))
 +2,902円 (eMAXIS NASDAQ100インデックス)
 +16,926円 (まるごとひふみ15)
 +2,774円 (eMAXIS Slim米国株式(S&P500))


取得ポイント

Tポイント
取得ポイント総計:123,790円分相当のポイント
・キャンペーンおよび投信マイレージで取得したTポイントはポイント投資が可となる。
・解約済損益(税引後)と同様に投資実績のデータに追加する。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

国際株式ファンドの週次検証の検証結果をまとめておきます。

[週次]騰落率ランキング(7/25(月)~7/29(金))[基準価額ベース]
  1位 +0.08% 投資実績(bear-snow)
  2位 -0.13% 新生・UTIインドファンド
  3位 -0.18% eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  4位 -0.27% たわらノーロード先進国株式
  5位 -0.27% フィデリティ・欧州株・ファンド
  6位 -0.39% eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
  7位 -0.49% iFree NYダウ・インデックス
  8位 -0.69% AB・米国成長株投信B(為替ヘッジなし)
  9位 -1.12% eMAXIS Slim新興国株式インデックス
 10位 -1.23% eMAXIS NASDAQ100インデックス
 11位 -2.04% ベトナムロータス・ファンド(ロータス)

投資実績(詳細)


私の投資実績とオルカンと、

[My資産] 投資実績(bear-snow)
[eS全株] eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

私が比較的多く保有している以下のファンドと、

[欧州株] フィデリティ・欧州株・ファンド
[Uインド] 新生・UTIインドファンド
[米成長B] AB・米国成長株投信B(為替ヘッジなし)
[Vロータス] ベトナムロータス・ファンド(ロータス)
[ノ・先進株式] たわらノーロード先進国株式

2023年の一般NISAで新規買付を検討している以下のファンドと、

[iF米ダウ] iFree NYダウ・インデックス

主要インデックスに連動する以下のファンド

[eS米株] eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
[e米NQ] eMAXIS NASDAQ100インデックス
[eS新株] eMAXIS Slim新興国株式インデックス

の週次の検証結果です(約定日:2021/12/31(金)前提)。

騰落率ランキング(1/3(月)~7/29(金))[損益ベース]
  1位 + 5.21% iFree NYダウ・インデックス
  2位 + 0.17% eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  3位 - 1.07% たわらノーロード先進国株式
  4位 - 1.26% eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
  5位 - 2.46% eMAXIS Slim新興国株式インデックス
  6位 - 2.86% 新生・UTIインドファンド
  7位 - 7.35% ベトナムロータス・ファンド(ロータス)
  8位 - 7.69% フィデリティ・欧州株・ファンド
  9位 - 9.11% AB・米国成長株投信B(為替ヘッジなし)
 10位 - 9.63% eMAXIS NASDAQ100インデックス
 11位 -12.12% 投資実績(bear-snow)

騰落率推移(1/3(月)~7/29(金))[損益ベース]


前週に引き続き、対象週もウォッチしているファンドの中でロータスが最下位になり、苦難の状況が続いています。ただ、いつかは復活すると期待しているので、気長に待ちたいと思います。

投資方針については毎週日曜日に見直しを行い、その際に決めたマイルールを遵守して運用していきたいと思います。