bear-snowの投資生活

平凡な会社員が資産1億円以上貯めて億り人に!?

全ファンドの投信ランキング(2021年7月末基準)

引用元:https://itf.minkabu.jp/news/1050

2021/8/5(木)にみんかぶのランキングデータが更新されましたので、情報をまとめておきます。


投資信託リターンランキング[期間:1年]

  1位 159.00% eMAXIS Neoバーチャルリアリティ
  2位 132.59% eMAXIS Neoナノテクノロジー
  3位 130.95% SBI日本株4.3ブル
  4位 129.90% 楽天日本株4.3倍ブル
  5位 128.14% NYダウ・トリプル・レバレッジ(3シグマ)
  6位 125.41% eMAXIS Neo自動運転
  7位  99.90% iFreeActive EV
  8位  96.47% T&Dダブルブル・ベア・シリーズ7(ナスダック100・ダブルブル7)
  9位  95.67% ベトナムロータス・ファンド(ロータス
 10位  89.06% 楽天日本株トリプル・ブルf:id:bear-snow:20210808131106p:plain

私が比較的多く保有している「eMAXIS Neo自動運転」が、前月の3位から6位にランクダウンしました。

[サイトよりそのまま引用]
3か月連続で「eMAXIS Neoバーチャルリアリティ」がトップです。

上位2ファンドは、三菱UFJ国際のeMAXIS Neoシリーズ。3位と4位は高レバレッジ日本株ブル型ファンドとなりました。


投資信託リターンランキング[期間:3年]

  1位 36.40% FANG+インデックス・オープン
  2位 36.40% iFreeNEXT FANG+インデックス
  3位 35.02% グローバルAIファンド
  4位 33.77% グローバルAIファンド(為替ヘッジあり)
  5位 33.34% 深センイノベーション株式ファンド(1年決算型)
  6位 32.83% 野村クラウド関連株式投信Bコース(為替ヘッジなし)
  7位 31.90% 野村クラウド関連株式投信Aコース(為替ヘッジあり)
  8位 31.80% グローバル・フィンテック株式ファンド
  9位 31.43% グローバル・フィンテック株式ファンド(年2回決算型)
 10位 30.34% サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジなし)f:id:bear-snow:20210808131149p:plain

私が比較的多く保有している「iFreeNEXT FANG+インデックス」が前回の5位から2位にランクアップしました。

[サイトよりそのまま引用]
トップの「FANG+インデックス・オープン」と2位の「iFreeNEXT FANG+インデックス」は、同じマザーファンドに投資するので、運用内容は実質的に同じファンドと言えます。

異なる点は、コストと分配方針です。

販売手数料は「FANG+インデックス・オープン」が2.2%であるのに対し、「iFreeNEXT FANG+インデックス」は、0.0%。(税込み・上限)

信託報酬が、「FANG+インデックス・オープン」が0.7975%、「iFreeNEXT FANG+インデックス」が0.7755%となっています。

分配金は、「FANG+インデックス・オープン」は、決算時点で、基準価額が1万円を上回っていれば、少額ながら分配するのに対し、「iFreeNEXT FANG+インデックス」は、決算時点で基準価額が1万円を上回っていても、分配金は0円となっています。


投資信託リターンランキング[期間:5年]

  1位 30.43% 野村クラウド関連株式投信Bコース(為替ヘッジなし)
  2位 30.13% 企業価値成長小型株ファンド(眼力)
  3位 29.64% 野村世界業種別投資シリーズ(世界半導体株投資)
  4位 29.22% UBS次世代テクノロジー・ファンド
  5位 28.62% USテクノロジー・イノベーターズ・ファンド
  6位 28.44% グローバル・スマート・イノベーション・オープン(年1回決算型)(iシフト)
  7位 28.13% グローバル・スマート・イノベーション・オープン(年2回決算型)(iシフト)
  8位 27.66% 野村米国ブランド株投資(アジア通貨コース)年2回決算型
  9位 27.53% 野村米国ブランド株投資(アジア通貨コース)毎月分配型
 10位 27.50% 楽天日本株4.3倍ブルf:id:bear-snow:20210906202338p:plain

私が比較的多く保有している「企業価値成長小型株ファンド(眼力)」が前回の8位から2位にランクアップしました。

[サイトよりそのまま引用]
テクノロジー関連株が上位に並びました。

前月8位の後退した「企業価値成長小型株ファンド(眼力)」が2位と再度、ランクインしています。