bear-snowの投資生活

平凡な会社員が資産1億円以上貯めて億り人に!?

ファンドの値上り率、値下り率ランキング(6/14(月)~6/18(金))

引用元:https://itf.minkabu.jp/news/1015

値上りランキング[期間:6/14(月)~6/18(金)]
 1位 6.00% T&Dダブルブル・ベア・シリーズ7(金・ダブルベア7)
 2位 5.87% テーマレバレッジDX2倍
 3位 5.74% ティー・ロウ・プライスグローバル・テクノロジー株式ファンドBコース(為替ヘッジなし)
 4位 5.63% グローバル・スマート・イノベーション・オープン(年1回決算型)(iシフト)
 5位 5.61% グローバル・スマート・イノベーション・オープン(年2回決算型)(iシフト)

対象週はTOP1からTOP5までの差がわずか0.39%で、TOPもプラス6%と上げ幅も小さかったです。TOP6以降も肉薄しているのではと推測されます。金関連のダブルベアがTOPなのは、対象週は金価格が急落したので納得できます。2週連続、TOP2になった「テーマレバレッジDX2倍」はとても興味深いですね(^^)。先週、少し調べたものを再度転記しておきます。

2021/5/19に新規設定されたばかりの「テーマレバレッジDX2倍」が早速ランクインしました。気になったので、少し調べてみました。投資方針は「日本を含む世界の株式の値動きを享受する債券(円建)(「連動債券」)への投資を通じて、日本を含む世界の「DX(デジタルトランスフォーメーション)」関連株式に信託財産の純資産総額の2倍相当額を投資することにより、信託財産の成長をめざして運用を行ないます。」となっており、今流行りのDX関連の投資で、その上、レバレッジがかかっているファンドになっています。今後、ファンドの値上り率、値下り率ランキングの常連になるような気がしています…(^^ゞ。

値上りランキング(詳細)f:id:bear-snow:20210620232015p:plain

値下りランキング[期間:6/14(月)~6/18(金)]
 1位 -17.01% 米国小型バリュー株ファンドBコース(為替ヘッジなし)(アメリカン・エンジェル)
 2位 -16.47% パインブリッジ・グローバル・テクノロジー・インフラ・ファンド(3ヵ月決算型)(未来インフラ(3ヵ月決算型))
 3位 -16.16% 米国小型バリュー株ファンドAコース(為替ヘッジあり)(アメリカン・エンジェル)
 4位 -15.08% ニッセイ・ワールドスポーツ・ファンド―メダリスト―Bコース(為替ヘッジなし)
 5位 -14.38% ダイワ世界リート・ファンド(毎月分配型)

TOP5すべてで、対象期間に分配金が出ており、分配金再投資した前提であれば運用実績自体は値下りランキングのTOP5に入るようなファンドはありませんでした。TOPとなった「米国小型バリュー株ファンドBコース(為替ヘッジなし)(アメリカン・エンジェル)」については少し調べてみました。投資方針は「マザーファンドへの投資を通じて、米国の金融商品取引所に上場(これに準ずるものを含む)している株式(DR[預託証券]を含む)のうち小型株を中心に投資を行い、信託財産の中長期的な成長を図ることを目標に運用を行います。」となっており、名前通り、小型のバリュー株を中心に投資を行うファンドのようです。

値下りランキング(詳細)f:id:bear-snow:20210620232055p:plain